So-net無料ブログ作成

食中毒 その8 (長崎) [製菓衛生師過去問(食品衛生学)]

長崎H21 問20 食中毒に関する次の記載のうち、誤っているものはどれか。

1 細菌性食中毒は夏季に多く、ウイルス性食中毒は冬季に多い傾向がある。
2 自然毒による食中毒事件は、原因食品が出回る時期に多く発生する。
3 細菌性食中毒の予防の3原則は、「付けない」「増やさない」「殺菌する」である。
4 食中毒事件の病因物質の中で発生件数が最も多いものは、黄色ブドウ球菌である。

正解4

関連問題:
食中毒 その1 (山梨)
食中毒 その2 (山梨)
食中毒 その3 (北海道)
食中毒 その4 (北海道)
食中毒 その5 (北海道)
食中毒の分類 (京都)
食中毒 その6 (長崎)
食中毒菌 (長崎)
食中毒 その7 (長崎)

共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。