So-net無料ブログ作成
検索選択
調理師試験 ブログトップ

調理師読本、調理師試験問題と解答 [調理師試験]

5640-10.jpg5639-10.jpg
製菓衛生師試験と調理師試験は、重複する科目があるので、以下、体験を元に、ざっと説明。

昨日、書籍を片づけていたら、「調理師読本」と「調理師試験問題と解答」が出てきました。
パラパラッと開くと、中から調理師試験の受験票が!
手に取って、ちょっと眺めて、ドキドキしました。

「調理師読本」、平成20年4月発行の第13版は、白黒で、索引無し。
平成22年4月発行の第15版は、黒インクプラス朱色っぽい赤の濃淡で2色刷りの上に、索引が付き、章ごとにインデックスが付き、利用しやすくなりました。

後者は、重要とおぼしき単語や文章が赤くなっていたり、アンダーラインが添えてあったりして、便利といえば便利だけれど、さほど重要ではない小さな段落のナンバリングに「赤地に白抜き数字」が使われていたり、見出しの横に赤いセンターラインが引かれていたり、と、「色が多すぎて煩雑に見えるページ」も若干ありました。

調理師試験を受ける際、前者の「白黒、索引無し」で勉強しましたが、その時は、最初から最後までノートを取りながら精読、受験する都道府県の過去問を6年分解いてから受けました。
上の2枚目(右側)の画像は、左側が15版、右側が13版です。
13版で、蛍光マーカーは少なくとも黄色とピンクを使用しており、もしかすると、「過去問に出た単語や文章」にピンクを、他に重要だと感じたものに黄色を使ったかもしれません。
「調理師試験問題と解答」は買ってあったけれど、やる気になれず、数ページ見ただけで後は手を付けませんでした。
過去問は問題のみネットでダウンロードできたので、印刷して実際にやってみて、調理師読本で答え合わせをしました。

15版を見て思うのは、何が大事で、何が普通かは、個人によって異なるので、編集(出版社)側で、極端に色分けしたり、アンダーラインを入れたりするのは、問題がありそうだな、と言うこと。
などと書きながら、「ひょっとすると、赤い透明下敷きを載せると、赤文字が抜けて見えるので、暗記に使えるかも」とも思ったけれど、そんな箇所はごくわずかですから、そういう意図はなさそうです。
とは言え、ゴシック、明朝等の活字体による使い分けがあっても、白黒だけだと何が重要かわからない、という時には、色分け、アンダーラインがある方が、便利かもしれません。

以下、参考として、赤文字とアンダーラインが入った文章を一部抜粋して再現してみます。

15版 P152 栄養学の中で、炭水化物の生理作用についての記述、1行のみ抜粋。アンダーラインは赤:

1gで4kcal(キロカロリー。エネルギーの単位として使われる。1kcalは,1kgの水を14.5℃から1℃上昇させるのに要するエネルギー量)のエネルギーを出し,熱や力のもとになる。

最後に、調理師試験の受験票に印刷された「受験者心得」ですが、

・試験開始30分前までに来場
・筆記用具(鉛筆(HB)・プラスチック消しゴム)を持参
 ボールペン・サインペン等は使用不可

といったことが書かれていました。
「鉛筆」と言われたら、本当に鉛筆なのね、と思って持参したら、シャープペンシルを使っている人を見かけて、「あれっ?」と思いました。
消しゴムは、万が一落としたりすると大変なので、2個持参しました。
試験は、平成20年で、2時間半。
たしか、開始後1時間くらいで、「終わった人は退出して良い」という流れだったと思います。

調理師読本 第13版 社団法人 日本栄養士会 編 ISBN978-4-8041-1182-7
調理師読本 第15版 社団法人 日本栄養士会 編 ISBN978-4-8041-1216-9
調理師試験問題と解答 平成20年版 社団法人 日本栄養士会 編 ISBN978-4-8041-1181-0
タグ:調理師読本
コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
調理師試験 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。